AKIBAカルチャーズ劇場で始まる5組のアイドルグループによる夏物語(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2014-07-29 15:43:28

7月20日に行われた「デビュー直前アイドル5組新人公演~真夏のシンデレラたち~」公開ゲネプロの様子をお届けします。

「お客様に育てていただく」というコンセプトのもと、7月21日から8月29日まで行われる夏休み定期公演です。参加する5組のグループは、それぞれ月曜日から金曜日までの担当があり、公演の動員数やお客さんによる投票によって競います。
最終的に1位に選ばれたグループは、同会場で行われている10月からの夜のレギュラー定期公演の枠を得ることができるという企画です。

月曜日担当のmImi(ミミ)、火曜日担当のamorecarina(アモレカリーナ)、水曜日担当のハコイリ♡ムスメ、木曜日担当のGirls Forever.(ガールズフォーエバー)、金曜日担当のアイドルネッサンス。この5組によるひと夏の熱い戦いが始まります。

公開ゲネプロのトップバッターとして登場したのは、月曜日担当のmImi
mImi ライブ
事務所の先輩Dorothy Little Happy「HAPPY DAYS!」を笑顔で歌い上げます。素地の良さを感じるステップに、フレッシュさが弾けていました。
mImi ライブ
続いて2曲目に披露した、こちらも同アイドルのカバー「涙のハイタッチ」は、温かいファンの声援を受けながらの、息の合った一体感のあるダンスにしっかりとした歌声が印象的でした。
mImi ライブ

2組目に登場したのは、火曜日を担当する総勢15人のamorecarina。何とこちらのグループには、東京女子流の山邊未夢の妹である山邊歩夢が在籍。
まずは、小学4年生チーム7人によって事務所の先輩であるChu-Z「キラキラ未来☆」をカバー。これからの明るい未来へ願いを込め、元気に明るく踊ります。
amorecarina ライブ
お姉さんチームにバトンタッチし、Berryz工房「21時までのシンデレラ」を披露。
緊張した面持ちを見せながらも、バランスの良いダンスを見せ、堂々と歌い切りました。
amorecarina ライブ
amorecarina ライブ

3組目に登場したのは、水曜日担当のハコイリ♡ムスメ
ハコイリ♡ムスメ ライブ
ハコイリ♡ムスメ ライブ
これまでのグループと違い、清楚で透明感のある雰囲気を感じさせる7人の女の子たち。楽曲もこれまた彼女たちにぴったりの優しい音色のCoCo「君の歌、僕の歌」をカバー。おしとやかなダンスに品の良さがあり、チームの色を感じずにはいられません。チェキっ娘「海へ行こう~Love Beach Love~」カバーももまた優しい音で、チームの特色を前面に出したステージングでした。
ハコイリ♡ムスメ ライブ

続いて登場したのは、木曜日担当のGirls Forever.
Girls Forever. ライブ
Girls Forever. ライブ
今回参加グループで唯一メンバー紹介のVTRがあり、イベントに対する意気込みを感じます。クラブサウンドの趣を感じる「ハッピー・ゴー・ラッキー」を披露。EDMやHIP HOPに重きを置いているようで、これまで登場したグループとはまた違った新たな個性が光るグループです。わずか1曲の披露でしたが、MCではメンバーそれぞれ自己紹介。出身地がバラバラで、高知や富山からわざわざ東京まで通っているとか。
Girls Forever. ライブ

最後に登場したのは、金曜日担当のアイドルネッサンス
アイドルネッサンス ライブ
アイドルネッサンス ライブ
「名曲ルネッサンス」を合言葉にさまざまな楽曲をカバー。サンボマスター「ミラクルをキミとおこしたいんです」をアイドル流にアレンジ、ダイナミックで迫力のあるダンスや歌声に驚かされました。続いてBase Ball Bear「17歳」を披露、こちらでもダンスの質の高さを改めて感じました。‘音’故知新、彼女たちが名曲たちに新たな命を吹き込んでいくのでしょう。
アイドルネッサンス ライブ

後編を読む
アイドルのキャスティングのお手伝いをします。
掲載情報の追加・修正希望のご連絡はこちら。