WenDee デビュー1周年記念ライブ (前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2014-09-19 15:48:40

2013年8月8日、暑さが厳しい夏の最中に8人組のアイドルグループがサンストリート亀戸でデビューライブを行なった。ビビッドな衣装をまとい、緊張した面持ちで精いっぱいのライブをしていた。

それから1年後の2014年8月8日、彼女たちは新宿RUIDOK4で1周年を迎えた。この日を祝うために、多くのFrienDeeやお客さんがフロアーを埋め尽くした。開演時間を少し遅れ、イベントは始まる。

最初に用意されたのは歌ではなく、パーカッションやタップなどを複合させたストンプパフォーマンス。新聞紙やモップなどを用いてリズムを作り、ありさが特技であるタップを涼しい表情で披露していく。
WenDee
ありさ
あすか

フラッシュモブ的にメンバーが続々と合流し、一つの音を紡ぎあげていく。
エンターテイメント性を増したWenDeeの新たな一面を予感させる幕開けである。

ライブアイドルWenDeeが姿を現し、「For Your Smile」で1周年記念ライブが走り出す。
WenDee

かつてチラシ配りなどWenDeeをサポートしていたあすかとりおなは、今では大車輪の活躍を果たす不可欠な存在に。
WenDee
WenDee

続いて、「ときめきリズム」。ファンの声援を受け、ライブはさらに加速する。
WenDee
WenDee
WenDee

同じく1周年を迎えた「Happy Day」。デビューした日から辛苦を味わいながら、ともに歩んできた。まばらだった腕の数も今ではこれだけの数に。
WenDee
WenDee
WenDee

ここからはグループとしてではなく、メンバーにスポットを当ててライブを展開していく。

まず最初に登場したのは、リーダーであるくるみ。グループ最年長である彼女は、尊敬している森高千里「わたしがオバサンになっても」を披露。福岡弁を交え、時には若い子が好きなFrienDeeに釘を刺しながら歌い上げていく。
くるみ
くるみ

次は’天使’あいりがAKB48「ヘビーローテーション」を軽やかに歌い、舞い踊る。
あいり
あいり

異色のコンビ、しほり&あすかで披露されたBENNIE K「Better Day」。WenDeeとはスタイルの異なる楽曲が、二人の新たな一面を露わにしていく。
WenDee
あすか
しほり

このパートを締めるは、WenDeeきってのダンススキルの持ち主で結成された3Dee。
ゆきの、えりか、りおながマイケル・ジャクソンスタイルの鋭いダンスで視線を奪っていく。
WenDee
WenDee
WenDee
WenDee

後編に続く

アイドルのキャスティングのお手伝いをします。
掲載情報の追加・修正希望のご連絡はこちら。