SiAM&POPTUNe 1st Anniversary ワンマンライブ~Bell the Cat~

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2014-10-02 18:29:09

2013年9月22日、東京FMホールにてデビューを果たしたSiAM&POPTUNe(シャムポップチューン)。月日は流れ2014年9月21日、思い出の地となる同会場にて1周年を祝う記念ライブを開催しました。
SiAM&POPTUNeはリーダーである渡久山 美月を始め、大津 瑛理奈、吉野 ひな、野呂 百合香、さらに濱田 菜々、宮下 一紗の2名の新メンバーを加えた6人組グループ。2014年7月27日に新加入を果たした2人にとっては、初のワンマンライブと記念づくしのライブに。

グループ名が刻まれたTシャツに袖を通す多くのファンが会場を埋め尽くしており、開演前の会場にはライブへの期待感が満ちていました。
オープニングアクトとして、ふらっぺidolぷろじぇくと生が登場。新曲「虹の輪」を披露し、会場を温めます。

ふらっぺidolぷろじぇくと生
ふらっぺidolぷろじぇくと生

SEに合わせ「S! i! A! M! SiAM POPTUNe!」とファンの呼ぶ声に引き寄せられるかのように、ついに本日の主役たちがステージへ姿を現します。
1周年記念ワンマンライブは、この日初披露となる「spiral×future=butterfly」で幕開け。今までの楽曲の中でも洗練されたサウンドに、しっとりとしたダンスを披露し、2年目への新たな期待を感じさせてくれる意欲的な1曲です。

SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe

1stシングルのカップリングより「ミラクル☆→ハッピーチューン」。メンバーの個性が散りばめられた文字通り’ハッピー’な一曲。

SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe

「Step By Step」、「発展上昇MAP」とカップリング曲を続々と披露し、会場を盛り上げていきます。

SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe

いきなり4曲連続のステージング、明けたMCパートではいつもより力の入った自己紹介に、この日への意気込みを感じます。
ライブ中盤戦、2曲の新曲披露を事前に予告していた通り、残る1曲「サンシャイン!」を披露。グループのエネルギッシュなイメージをより強く感じさせ、ノリやすく元気を与えてくれる楽曲に加え、立体的なダンスフォーメーションと目でも楽しませてくれます。中央にせり出した花道型のステージを生かし、全方位に魅力を振りまきます。

SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe

デビュー曲である「ラヴカーニバル」の重厚なビートにファンのコールが混ざり、よりインパクトのある楽曲に。「ウッ!ハッ!」の掛け声とともに会場のボルテージも上がっていきます。

SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe

ここで妹分であるsora tob sakanaにバトンタッチ。’サザエさん’のSEに合わせてステージへ登場するユニークさに会場が和みます。それも束の間、飛び出した楽曲はあまりにもソリッドなサウンド「DASH!!!!」。初のオリジナル曲で、会場の視線を釘付けに。

SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe

可愛い妹たちのステージにデレデレな1名を制止しつつ、ライブもいよいよ終盤へ。「ヒロイン革命」の曲紹介に会場は歓声で応えます。オープニングアクトを務めたふらっぺidolぷろじぇくと生も加わり、パノラマなステージングを展開。

SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe

さらに「キョウカフウゲツ」、「Movin'on未来」と一気に駆け抜けていきます。

SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe

ファンの目の前に座り、それぞれが率直な感情を表しながら、目の前に広がる光景や瞬間を楽しむメンバー。ファンとメンバーそれぞれの充足感が満たされていきます。最後の曲を歌い終え、名残惜しそうにステージ去っていくメンバー。

しかし、まだまだ物足りないファンの声に応え、SEに合わせてメンバーが再登場。ステージに姿を見せるメンバーもいれば、フロアーから颯爽と現れるなど会場をフルに使った粋な演出でステージへ。
アンコールは「ラヴカーニバル」でスタート、タオルを振り回してのステージング。

SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe

アンコール1曲目を終えると、メンバーからこの日の感想が述べられました。

野呂百合香(ゆりりん)
野呂 百合香(ゆりりん)

「1stワンマンライブの時よりも成長したところを見せようと思って、その(成長を見せる)場所がデビューした東京FMホールさんということで、すごい思い入れが強すぎるワンマンライブになりました。こんなにたくさんのファンの方に来てもらえて、本当に嬉しいです。これからも成長した姿を見せていけるように頑張るので、応援よろしくお願いします!」

宮下一紗(宮ちゃん)
宮下 一紗(宮ちゃん)

「(私とななちゃんにとって)初めてのワンマンライブをこんなにたくさんの人に見てもらえて、最高の一日になりました。私とななちゃんがここに立てているのはふらっぺidolぷろじぇくと生、大好きな先輩方にすごく感謝しているし、スタッフさんのおかげでもあるので、本当に楽しい1日になりました。これからもSiAM&POPTUNeとして成長した姿を見せていけたらなと思います。今日は本当にありがとうございました!」

濱田菜々(ななちゃん)
濱田 菜々(ななちゃん)

「(加入して)まだ2か月なんですけど、ワンマンライブの練習をしてきた時間は一緒なので、新メンバーとかじゃなくて、(涙をこらえながら)SiAM&POPTUNeとして見てもらいたいんですよ!終わったら、担担麺食べに行きます!今日は本当にありがとうございました!」

大津瑛理奈(えりぽよ)
大津 瑛理奈(えりぽよ)

「私たちは1年前にここでデビューさせて頂いて、まさかその時は自分たちがワンマンライブをすることになるとは思っていなくて。今日こうやってたくさんの方が集まってくれて思ったのは、もっとすごいSiAM&POPTUNeになりたいと思ったんですよ。自分たち一人一人がもっとキラキラして、もっと魅力的になって、もっと皆さんに好きになってもらって、どんどん上に行きたいなって思いました。これからも応援よろしくお願いします!」

吉野ひな(ひなちゃん)
吉野 ひな(ひなちゃん)

「今日は本当にありがとうございました。皆さんに素敵な時間をプレゼントするという約束を私たちは果たせましたか?(会場から拍手) ありがとうございます。みんながさっき言ってたように上を目指していきたい、目標に掲げている武道館を皆さんと一緒に叶えたいと思います。(マイクを離して)これからもよろしくお願いします!」

リーダー 渡久山美月(みずきち)
リーダー 渡久山 美月(みずきち)

「本日は本当にお忙しい中、SiAM&POPTUNeのワンマンライブに遊びに来てくださってありがとうございます。1年前に結成して東京FMホールさんでデビューさせて頂いて、スタッフさんにライブを終えた時に『いつか東京FMホールさんでワンマンライブをしよう』って言われたんですよ。今日それが実現したってことはスタッフ、関係者さんの支えがあったからだし、諦めずにここまで一緒に走り抜けてきたからこそ、今があるんじゃないかなって思います。
今日でもう新メンバーなんて言わないからね!ななちゃんも宮ちゃんもSiAM&POPTUNeの一員です。この6人でもっともっとさらなる上を目指していきたいと思います。これからも私たちSiAM&POPTUNeの応援をよろしくお願いします。本当に今日はありがとうございました!」

会場にいる一人一人が彼女たちの言葉に耳を傾けていると、リーダーからさらに一言。
「いまここで全力を出せない人には明日なんてものはありません!SiAM&POPTUNeの1年間の集大成をとくとご覧あれ!」
流れるラストナンバーは、「ヒロイン革命」。ステージを縦横無尽に駆け巡り、最後の一絞りまで熱気をかき集めます。

SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe
SiAM&POPTUNe

この日集まってくれた会場の人たちへ向けて、4度も感謝の言葉とお辞儀を重ねた彼女たち。2年目を迎えたSiAM&POPTUNe、今後の活動も注目です。

SiAM&POPTUNe

アイドルのキャスティングのお手伝いをします。
掲載情報の追加・修正希望のご連絡はこちら。