「デビュー直前アイドル5組新人公演同窓会~シンデレラは私です!~」イベントレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2014-09-16 15:52:05

今夏、注目イベントの一つであった「デビュー直前アイドル5組新人公演~真夏のシンデレラたち~」がついに完結。AKIBAカルチャーズ劇場にて、7月21日から8月29日まで行われた約1か月間限定の公演を経て、迎えた9月13日、結果発表が同所にて行われました。

月曜日担当のmImi(ミミ)、火曜日担当のamorecarina(アモレカリーナ)、水曜日担当のハコイリ♡ムスメ、木曜日担当のGirls Forever.(ガールズフォーエバー)、金曜日担当のアイドルネッサンスが、公開ゲネプロ振りに同会場に集結しました。

お互いの成長を見せ合うために、各グループのライブからスタート。

曜日ごとにグループが登場、まずは月曜日担当のmImi

事務所の先輩Dorothy Little Happy「HAPPY DAYS!」やメジャーデビュー曲である「Lucky Star」など全4曲を披露。表情豊かで、ピースフルなステージングを繰り広げてくれました。
mImi
mImi
mImi
mImi

火曜日担当の総勢15人のamorecarina。「星間飛行」や「21時までのシンデレラ」など全3曲を披露。デビューステージとなった公開ゲネプロから数々のステージをこなし、すっかりステージでのダンスも板についてきて、楽曲中にバック転を織り込むなど個性のあるステージでお客さんを魅了しました。
amorecarina
amorecarina
amorecarina
amorecarina

水曜日担当のハコイリ♡ムスメ。夏休み公演ではソロで披露していた「シンデレラたちへの伝言」をフルメンバーで、「レモンドロップ」など全3曲を披露。メンバー個人がより洗練され、ポップとメロウな楽曲を組み合わせた’女優’らしい変幻自在なステージングが印象的でした。さらに、この日誕生日であった’ぽにょ’こと我妻桃実ちゃんの誕生日を会場全体でお祝いをしました。
ハコイリ♡ムスメ
ハコイリ♡ムスメ
ハコイリ♡ムスメ
ハコイリ♡ムスメ
ハコイリ♡ムスメ

木曜日担当のGirls Forever.。「Love&Train」や全国デビュー曲「The Girl of Fate」を披露。制服に身を包み姿を現した4人が展開する気合い剥き出しの前傾姿勢なステージングには、思わず圧倒されました。楽曲にもガルフォーとしての色が出始め、成長を顕著に感じることができました。
Girls Forever.
Girls Forever.
Girls Forever.
Girls Forever.

金曜日担当のアイドルネッサンス。「シンデレラ・ルネサンス」や「17歳」を披露。群としての存在感が圧倒的で、今までのアイドルグループでは感じたことのない重厚さすら感じるインパクトのあるダンス。カバーでありながら、アイドルネッサンスの世界があり、引き込まれてしまいました。
アイドルネッサンス
アイドルネッサンス
アイドルネッサンス
アイドルネッサンス
アイドルネッサンス

5組のステージが終了し、ついにシンデレラユニットの発表へ。シンデレラユニットは「公演動員数」+「ガラスの靴シール(新人公演のオリジナルグッズの購入1000円ごとで1枚)」の合計で決定されます。

まずは「公演動員数」がモニターで発表されます。
公演動員数

続いて、「ガラスの靴シール」の合計数。
「ガラスの靴シール」の合計数

一つ一つの情報が明らかになるごとに、会場からどよめき、ため息や喜び、さまざまな感情の声が上がります。ステージ上ではそんな会場の声が耳に入っているのか、ただただ表示されるモニターを虚ろに眺めるメンバー。グループごとの複雑な機微が感じ取れます。
発表を待つアイドル達
発表を待つアイドル達

残すは「公演動員数」と「ガラスの靴シール」の合計数。次の一画面ですべてが明らかになります。いよいよ結果発表の時。
「公演動員数」と「ガラスの靴シール」の合計
アイドルネッサンス
アイドルネッサンス

シンデレラユニットに選出されたのは’アイドルネッサンス’。 会場からは拍手と歓声が沸き起こり、7人を祝福します。
アイドルネッサンス
百岡古宵ちゃん

シンデレラユニットの証である’ガラスの靴’が百岡古宵ちゃんの元へ。メンバーを代表して新井乃亜ちゃんが何度も言葉に詰まりながらコメント。
新井乃亜ちゃん

「はい、えっと。私たち自身、この公演1位になりたいって言って、みんなで目標を立てて最初から頑張ってきたので、今日こういう結果が出て本当にうれしいです。応援して下さった皆さんのおかげです!ありがとうございました!」

ここで支配人からさらなる発表が。

アイドルネッサンスとの差が19ポイントという結果を受けて、急遽’ハコイリ♡ムスメ’を準優勝に選出、月に一度の単独公演を用意することが決定しました。
ハコイリ♡ムスメ

うつむきながら頬を流れていた悔し涙が、喜びの涙へ変わります。

このイベントを盛り上げてくれた5組のグループから最後の挨拶。

mImi
mImi

「皆さん、本当にありがとうございました。この新人公演で…(涙を流しながら)学んだことを生かして、これから5人で力を合わせて頑張っていきます。皆さん、これからも応援よろしくお願いします。」

amorecarina
amorecarina

「皆さん、本当にありがとうございました。選ばれなかったのはすごい悔しいけど、これをバネにして、これからももっと成長していけるように頑張りますので、よろしくお願いします。」

ハコイリ♡ムスメ
ハコイリ♡ムスメ

「準優勝、そして月に1回の公演ができるという素晴らしいことができるのも、全部皆さんのおかげです。そして、この公演で皆さんと出会えたことがすごい嬉しいです。本当にこの夏は楽しかったです。ありがとうございました。」

Girls Forever.
Girls Forever.

「私たちGirls Forever.は一番動員数も一番少なくて、本当に悔しいんですけど、私たちはまだ負けたと思っていないので、ここから頑張っていきたいと思います。皆さん、よろしくお願いします。」

アイドルネッサンス
アイドルネッサンス

「私たち、この新人公演で優勝させて頂いて、本当に皆さんのおかげです。ありがとうございました。10月からのこの定期公演の枠をもらったからには、このここにいるチームの分まで私たちらしく10月の定期公演頑張りたいと思います。そして、私たちこのAKIBAカルチャーズ劇場で誕生して、こんな素敵な賞をいただいて、10月からの定期公演ができて、本当に幸せです!皆さん、ありがとうございました!」

こうして、長いようで短いひと夏のイベントが幕を下ろしました。

同イベントが残したものは単純な優劣でなく、数多あるアイドルグループがある中で、5組40人の女の子たちが魅せてくれた夢のようなひと時。この夏に得た経験を誇りに、それぞれの活動が成就することを願うばかりです。

アイドルのキャスティングのお手伝いをします。
掲載情報の追加・修正希望のご連絡はこちら。